高速道路ができるまでを徹底調査

利用している人が多い高速道路

みんなが移動しやすいように

いきなり工事を行うことはできません。 しっかりと、どこに高速道路があればみんなの生活が便利になるのか計画を考える必要があります。 また工事を行うためには、その土地を所有していなければいけません。 ですから、高速道路を作る時は土地を購入するという段階もあります。

道路以外に作るもの

工事を進めていると、トンネルや橋が必要になるかもしれません。 ですから高速道路を作る時は、道路を作る以外の工事も行われます。 トンネルや橋があることで、車が安全に山道でも移動できるようになります。 みんなが快適に使用するために、欠かせない存在ですね。

最後に行う工程とは

橋やトンネルを作り終えると、今度は仕上げに進みます。 地面がデコボコしていると車を運転しにくいですし、事故が起こる危険性があるのでそのままにできません。 道路が平らになるよう、アスファルトを敷き詰めます。 また高速道路に欠かせない、料金所も作って完成になります。

おすすめリンク

業種別おすすめオフィスレイアウト

機能的なオフィスレイアウト作りは作業内容や業種により異なります。業種別におすすめのレイアウトを紹介!

電動ハンドリフトは女性でも簡単に扱える?

倉庫や配送センター等で使われる電動ハンドリフトは女性にも扱える?使えるといろいろな仕事ができるかも?

診察券や各種カードを格安作成

診察券やポイントカードを格安で作成してくれる会社!作成工程やデザインの決め方などをチェックしよう。

煙突の点検にかかる費用と日数ってどのぐらい?

煙突の点検は大変なのか?煙突の点検を行なうのにかかる費用や日数について把握していこう

高速道路を作りたい場所

まずは、どこに高速道路を作れば良いのか話し合います。
利用する人が多い道に作ることで、みんなの移動が快適になります。
実際に視察に行って交通量を確認したり、高速道路を作れるだけの土地があるか調べたりします。
ここに高速道路がほしいと思っても、土地がなければ実現できません。
さらに場所が決まっても土地を入手しなければ工事を行えないので、高速道路を作りたい場所の土地を持っている人のもとへ行き、許可を得たり土地を購入したりしてからようやく工事を始めることができます。

道路を整備しますが、その時にトンネルや橋が必要になるかもしれません。
橋を作る時は、ケーブルエレクション工法やクレーン架設という方法を主に使っています。
すると夜の期間だけ通行止めにすれば良いので、交通量が多い昼間の時間帯に影響を与えることはありません。
そのように、すでにある道を通る車の邪魔をしないように工夫しながら工事を進めています。
トンネルを作る時は、NATM工法という方法が使われています。

橋やトンネルを作り終わったら、最後にアスファルトを道路に敷き詰めて、快適に車を運転できるように仕上げを行います。
高速道路は有料の道路なので、料金所も作らなければいけません。
簡単に説明すると、このような流れに沿って高速道路が作られています。
これからもたくさん高速道路ができることで、もっと快適に車を運転でき、遠くの地域でも楽に移動できるようになるでしょう。