>

みんなが移動しやすいように

最初に話し合うこと

高速道路を作る時に、最初に行うことは話し合いです。
その時に、どこに高速道路があれば良いのか意見を出し合います。
適当に場所を選択したり計画を考えなかったりすると、交通量が少ないところになってしまうかもしれません。
誰も使わない道では、高速道路を作った意味がありません。
高速道路は交通量が多いところに作ることでみんなに喜ばれますし、価値も高まります。

実際に見て確認しなければわからないので、高速道路を作る予定地を視察することもあります。
また具体的な計画を考えて、いつから工事を始め、いつ工事が終わるのかもこの時に決めます。
みんなが協力して工事に取り組むことで、最初に決めた計画通りに高速道路を完成させることができます。

土地を入手するために

誰かが所有している土地に、勝手に高速道路を作ることはできません。
ですから高速道路を作っても良いか許可を取ったり、土地を購入したりする段階があります。
工事を行うためには高額な費用が発生しますが、工事を始める前にも土地の購入という段階で、かなり高い出費があります。

ここに高速道路を作りたいと思ったら、誰が所有しているのか調べなければいけません。
そこに時間が掛かると、実際に工事に進めるまでの時間も先延ばしになります。
余計な時間が発生しないように、すばやく土地の所有者を見つけなければいけません。
そして無事に土地を入手したり、高速道路を作っても良いと持ち主に許可を得られたりしたら、ようやく本格的な工事に進めます。


この記事をシェアする