>

道路以外に作るもの

橋を作るための工事

山奥では、大きな車は侵入できません。
その時は、ケーブルエレクション工法という方法で新しい橋を架けます。
これは事前に工場で作った橋桁を、ケーブルで釣りながら組み立てる方法です。
交通量が多い道路と交差する場所に橋を架けたい場合は、クレーン架設という方法が主に使われています。
この方法は事前に橋の部品を組み立てて、道路を通行止めにしてクレーンで橋を吊り上げます。

この方法では道路が一時的に使えなくなるので、夜間に行われることが多いです。
夜間だったら交通量もそこまで多くないので、影響を与えることはありません。
クレーン車で、大きな部品を1回で架けるという部分がポイントです。
すると工事の日数も削減でき、通行止めにする時間も短くなります。

新しくトンネルを作る

トンネルを掘って、高速道路を繋げる工事もよく行われています。
その時に使用されるのが、NATM工法になります。
この方法では堀削機械や火薬を使って、まず山に穴を掘ります。
しかしそのままでは掘った部分が崩れて非常に危険なので、コンクリートを吹き付けて固めたり、鋼材を使ったりします。
またロックボルトと呼ばれる鉄の棒を、トンネルの周囲に打ち込みながら掘り進めることもあります。

都市部や河川の下にトンネルを掘る場合は、シールド工法が採用されています。
まずトンネルの断面の大きさや形に合わせて、シールドマシンを造ります。
そしてシールドマシンでトンネル内部を掘り進め、掘った部分が崩れないように壁を作りながら作業を進める方法です。


この記事をシェアする